可視化ソフトVisualizer Proの詳細情報のページです。

 = 汎用可視化ソフト Visualizer Pro = 
コンター図,ベクトル図,流線,等値面,グラフ作成がこれ1本でOK

商品の詳細ページ:可視化ソフトVisualizer Pro

ダイジェスト    機能一覧     事例紹介    価 格     購 入    サポート

Visualizer Proの詳細情報

概要

可視化ソフトVisualizer Proは、点データの強力な補間機能(2次元、3次元対応)を持ち、エクセル(CSV形式)データの入力をサポートしています。 このため、任意の空間中の数点の点情報からコンター図、等高線図、ベクトル図、等値面図やグラフの作成が可能です。 実験・計測データの可視化には、まさにうってつけのソフトです。 また、CAE Visualizerの機能を吸収統合したことにより、VTKやPLOT3Dなどの世界的に有名なファイルフォーマットの表示も対応可能になり、 CFD等の大規模数値データの可視化ソフトとしてもご利用頂けます。
=> 最新版の新機能は、こちらをご覧ください。

可視化ソフトVisualizer Pro 体験版ダウンロード

体験版のダウンロードはこちらからお申し込みください。

機能一覧
メイン機能 コンター表示機能(任意の角度の断面上で作成可能)
セルマップ表示機能(疑似3次元コンター)
ベクトル表示機能
流線の表示機能
等値面の表示機能
・CADデータ等の形状データ表示機能
・形状データのスライス(切断)表示機能
形状データのスムージング表示機能
形状表面コンター表示機能
・非定常データの表示機能
・アニメーション作成機能
・実験・計測データのクリギング補間機能
(2次元、3次元対応)
・ブランク(非可視化領域)設定機能
・グラフ作成&点データ出力機能
・拡大・縮小・平行移動・回転等マウス操作
・スケール変更機能
・マルチスレッド処理
・カスタマイズ機能(スクリプト言語Luaを使った独自変数の定義や操作アニメーション)
入力データ ・VTK STRUCTURED_GRID
・VTK UNSTRUCTURED_GRID
※対応形式:レガシー形式&XML形式
※対応セルタイプ
VTK_TRIANGLE(= 5), VTK_PIXEL(= 8), VTK_QUAD(= 9), VTK_TETRA(= 10),VTK_VOXEL(= 11), VTK_HEXAHEDRON(= 12), VTK_WEDGE(= 13), VTK_PYRAMID (=14)
※VTKのフォーマットの詳細は開発元のサイトをご参照ください。

・PLOT3D (GRIDファイルFファイル)
SPHI
・PHI(流体解析ソフトPHOENICS)
・エクセル(CSV)
・STL、DXF(2次元)
・国土地理院数値地形図
出力データ ・画像ファイル:bmp,jpg,gif,png
・動画ファイル:wmv,avi

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP