可視化ソフト Visualizer シリーズ共通マニュアル
マニュアルTOP >> チュートリアルTOP >> チュートリアル5

チュートリアル5:PLOT3Dデータの可視化

このチュートリアルで用いるデータは、ここからダウンロードしてください。 ダウンロード後、解凍し、パソコン内の適当な場所に保存してください。



計算結果データの読み込み

・ロードボタンをクリックし、入力データ形式で「PLOT3D」を選び「次へ」をクリックします(下図参照)。
・計算結果データが入っているフォルダ中のファイルを下図のように選択します。
・以上の設定が終わったOKボタンをクリックし計算結果を読み込みます。







CADデータの読み込み

・ファイルメニューの中にある「CADデータ読み込み」をクリックし、表示されたファイルダイアログの画面で、データフォルダ内にある「out_all.stl」を選んで「開く」ボタンをクリックします。
・X,Y,Z座標を下図のように入力し形状データを移動します。






垂直断面機能を使用したコンター図の作成

・コンター図を作成するに、垂直断面ボタン(下図参照)をクリックします。PLOT3D形式データの場合の垂直断面は、 格子面の法線ベクトルに対して垂直な断面となります。これは格子面に沿った断面とも言えます。
・下図のように断面を設定をし、変数でVelocity1(速度)を選択します。
以上で次のようなコンター図が表示できます。




任意断面機能を使用したコンター図の作成

・先ほど作成した垂直断面のコンターを非表示にします。ツリー上で右クリックして非表示をクリックします。
・斜めのコンター図を作成するに、任意断面ボタン(下図参照)をクリックします。
・下図のように断面を設定をおこないます。PLOT3D形式データの場合の垂直断面は、 面番号でしか位置の指定ができませんでしたが、この任意断面機能を使用すれば、任意の場所に座標と角度を指定してコンターを作成できます。
以上で次のようなコンター図が表示できます。




 


Copyright(C) 2017 Malloc Code Corporation. All right reserved