可視化ソフトVisualizer Pro Version6.0 新機能紹介のページです。

 = 汎用可視化ソフト Visualizer Pro = 
コンター図,ベクトル図,流線,等値面,グラフ作成がこれ1本でOK

可視化ソフト Visualizer Pro

ダイジェスト    機能一覧     事例紹介    価 格     購 入    サポート

バージョン6.0 新機能紹介

  • 1. セルマップ機能が追加されました。 セルマップとは、解析領域内のセル(計算格子)中心に小さな球を配置し、その表面に値に応じた色をつけることで対象変数の3次元的分布を把握することができる3次元マップです。 球のサイズ、透過度、表示頻度がコントロールできます。
    => 例1 例2 例3



  • 2. ポスト設定の保存と適用機能が追加されました。この機能では、選択したウインドウの全てのポスト設定を保存し、 別のウインドウのデータに対して、そのポスト設定を適用することができます。
    => 詳細はこちらの動画をご覧ください。

  • 3. 1つのコンター図のレンジを変更した時、同一ウインドウ内の同一変数の別のコンター図のレンジも自動的に変更されるようになりました。

  • 4. Kriging(クリギング補間)機能を使用する際の入力データの測定点の最小座標値が、本ソフト内の原点(0,0,0)に一致するように自動的に平行移動されるようになりました。

  • 5. Kriging(クリギング補間)機能を使用する際の入力データの測定点の座標に重複があった場合、エラーメッセージが表示されるようになりました。

  • 6. Kriging(クリギング補間)機能のメニュー画面のオプションに、分散値(Kriging variance)を保存するためチェックボックスが追加されました。

  • 7. Kriging(クリギング補間)機能を自動的に実行するためのLuaの関数(カスタマイズ機能)を追加しました。 これにより、大量の計測データファイルの補間処理を自動的に実行できるようになり、 時系列データの処理が簡単におこなえるようになりました。

    => 詳細はこちらの動画をご覧ください。
    【動画の概要】10個の時系列のcsvファイルをLuaの関数を使って連続的にKriging補間を実行しています。 その後、コンター図を作成し、非定常のメニューを起動して、時系列データのアニメーションを作っています。 なお、この動画と同等の内容が、チュートリアルに追加されました。

  • 8. アニメーション保存時の動画ファイルの形式にwmv形式が追加されました。

  • 9. アニメーション保存時、各ステップの静止画がjpg形式で、動画ファイルと同じ場所に自動的に保存されるようになりました。

  • 10. 等値面のプロパティウインドウのメニューで最小値、最大値を設定できるようになりました。

  • 11. Lua機能(カスタマイズ機能)で使用できる関数が大幅に増加しました。詳細は、こちらをご覧ください。

  • 12. バージョン5で大幅な価格改定がおこなわれましたが、バージョン6からは以前(バージョン4)の価格15万円に戻ることになりました。 最新の価格表は、こちらをご覧ください。

体験版のダウンロードはこちらのフォームからお申し込みください。





<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP